話題のDAISO216円イヤホンを手持ちのイヤホンと比較してみた

どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。

最近Twitterで話題になっている『DAISOの216円イヤホン』
どうやらイコライザを弄ってあげれば3万円のイヤホンに匹敵するとかなんとか。
(3万はジョークらしいですけど)

早速買ってきたので、素人ながら手持ちのイヤホンと比較・検証してみました。

「イヤホンにこだわりはないけど、どうせならいい音で聴きたい」
という方にはおすすめできそうです。
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)

DAISO ステレオイヤホン ラウンド カナルタイプ

  • ドライバーユニット:Φ10mm
  • 出力音圧:107±5db
  • 再生周波数帯域:20-20000Hz
  • インピーダンス:16Ω
  • コード長:約1.0m

 

外観

カラーバリエーションは何種類かあるみたいですが、今回はブラックを購入しました。

見た目は特に変哲のない普通のカナルタイプのイヤホン。
200円クオリティということで、やはりどこか安っぽい印象を受けます。

個人的にはデザインはどうでもいいんですが、L・R表記がないのがマイナスポイントですね。
 

まずはイコライザオフで聴いてみる

今回視聴に使用した端末は

  • MacBookPro
  • NW-A35(ウォークマン)

です。

【レビュー】コスパの良いハイレゾ対応DAP『SONY NW-A35』
どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。 突然ですが最近ウォークマンを買いました。 スマホが普及してからというものの音楽をスマ...

どちらも標準機能でイコライザを弄れます。
 

まずはイコライザオフで視聴してみました。
これに関しては言うまでもなく「安物イヤホンの音質」です。

音質のやや良いラジオ程度の音質じゃないでしょうか。
さすがにこのままでは値段相応でしょう。
 

イコライザで400〜900Hzあたりを削る

この216円イヤホンで楽しむには、400〜900Hz帯をイコライザで削ってあげれば良いらしいとのこと。
僕もそれに従ってイコライザを弄りました。

とりあえずこんな感じに。
 

このように設定して楽曲を視聴してみると、音が劇的に変化!
たしかにめっちゃよく音がなっています。

先程までの篭った音質はなんだったのか、ってレベルにはなりますね。
 
216円という値段でも、低音も結構ちゃんと鳴りますし、音楽を楽しむレベルには達しています。
1000円くらいのイヤホンには匹敵しそうかなぁと。
 

手持ちのイヤホンと比較してみる

1.Panasonic RP-HJE150

イヤホンにこだわってない頃に使っていた1000円で買えるイヤホン。
これをイコライザオフにした場合と、216円イヤホンの音質を比べてみます。
 

RP-HJE150でもそれなりに音は出てるし悪くないなーと思って使っていたのですが、216円イヤホンと比べると若干音が薄っぺらく聞こえます。

この2つで比較をする限りでは、多くの方が216円イヤホンの方がいい音が鳴ってると思いそう。
 

楽曲によってはRP-HJE150の方がいい音で聴ける場合もあるかなーという感じですが、おおむね216円イヤホンの方がいいですね。
 

2.SATOLEX Tubomi DH298-A1

【レビュー】高コスパのハイレゾ対応イヤホン『SATOLEX Tubomi DH298-A1』
どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。 今回はハイレゾ再生に対応したイヤホン『SATOLEX Tubomi DH298-A1』...

3〜4000円程度のハイレゾ対応イヤホン。
 

こちらと比べると、特に解像度の違いが顕著ですかね。

216円イヤホンはイコライザの設定を見てもらえばわかるように、400-900Hz付近を大きく削っています。
そのため、どうしても音のクリアさという面ではDH298-A1が勝っているかなと。
 

しかし216円が完全に負けているかと言えばそうではないかも。
音の好みの点では、「216円イヤホンの方がいい」と言う方はいてもおかしくありません。
そのレベルの音は出ています。
 

僕はDH298-A1の方が好みの音ですけどね。
 

HD598

通称プリンで知られる2万円程度のヘッドホン。
イヤホンじゃないですが、これでも比較してみます。
 

まあ比べるまでもなくHD598の方がイイ。
さすがに216円のイヤホンでは3万円の音は出てないですね(笑)

なんというか、音のまろやかさが圧倒的に違います。

でもやはり好みによっては216円の方がいい、という方がいるかも?
 

まとめ

216円とは思えないクオリティ!
イコライザ前提になってしまいますが、イコライザを弄ればちゃんと音が出てくるというのが素晴らしいと思います。

楽曲を聴いている感じだとボーカル部分が非常に聴きやすい印象を受けますので、アニソン好きな方にも悪くないかなと思います。
 

一方で楽器や伴奏を重視するかたには物足りないでしょう。
そもそも安物イヤホンということで再生周波数帯域もハイレゾ対応のものには届きませんし。

そういう方は無難にもう少し高いイヤホンを購入しましょう。
 

こんな方にオススメ!

「イヤホンにこだわってないけど、少しでもいい音で楽曲を楽しみたい」
「イヤホンはとにかく安く買いたい」

 
僕もイヤホンにこだわってない頃にこのイヤホンと出会っていたら、間違いなくこのイヤホン愛用してましたね。
それくらいコスパの高い製品です。

まあ216円で買えますし、間違いなく216円以上の価値はあるイヤホンなので買ってみて試してみるのもいいのではないでしょうか。

イコライザ設定を忘れずに!
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする