三日坊主の人生を変える!?『まんがで身につく 続ける技術』の紹介

どうも、三日坊主のふーと(@Aizawa_hutoP)です。
 

僕にとってのブログ更新もそうですが、何かを続けることって難しいですよね。
受験・資格の勉強はもちろん、ダイエットやジム(トレーニング)など「続けたいけど続かない」という経験をする方は少なくないと思います。

僕も以前からプログラミングの勉強をしよう!と思っていたのですが、

「仕事が忙しい」
「今日は疲れたからいいや」

とか何かと理由をつけてサボってることも結構ありました。

そうやって一回やめちゃったりすると「また手を付けよう!」とはならず、そのまま放置しちゃったりするんですよね。
 

今回紹介する『まんがで身につく 続ける技術』は、そんな物事が続かない人のための本とのこと。

一読してみて「これなら僕でも実践できそう!」と思える本でした。
今回はその一部を紹介します。
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まんがで身につく 続ける技術

仕事、勉強、早起き、貯金、禁煙、ダイエット、トレーニング…
やる気がなくても、努力しなくても、続けられる!

行動科学マネジメントのノウハウから生み出された
究極のセルフマネジメント術「続ける技術」をマンガでわかりやすく解説。
いつも三日坊主の人も、今日から変われる!!

他の自己啓発書によくあるような、属人的な内容ではなく、
膨大な実験と調査から導き出された、
「いつ」「だれが」「どこで」やっても、同等の結果が得られる科学的なノウハウです。

・仕事、勉強、早起き、トレーニング、貯金など、不足しがちな行動を「増やし続ける」
・喫煙、飲酒、間食、ギャンブルなど、やめたい行動を「減らし続ける(やめる)」

どちらにも通用する内容です。

本書の「続ける技術」を身につけていただければ、
きっとあなたも、思い通り自分をコントロールできるようになり、
“なりたい自分”に近づけるはずです。

「やる気がなくても、努力しなくても続けられる!」という一文が惹かれますね。
この本はそういった”精神論”ではなく”科学的な技術”に焦点を当てています。

その”科学的な技術”が漫画でわかりやすく解説されています。

漫画は何事も続かない主人公が『続ける技術』で見違えるほど成長する、という展開で非常に読みやすい!
 

そんな本書の内容について、どのようなことが学べるかを書いておきます。
 

「行動」とは何か

まず最初に「行動」に焦点を当てて分析をします。
 

人が何かをするとき、必ず「理由」と「結果」があるとのこと。

例えば「暑いから、エアコンをつけることで、涼しくなる」
確かに「エアコンをつける」という行動に理由と結果が見られますね。
 

このようにまず行動を分析し、その「理由」を自分でコントロールすることで『行動させる』ようにするということが本章で述べられています。

他にも目からウロコなことが書かれていて「はぇ〜」って思ってばかり。
今まで気付かなかったことに気付かされます。
 

足りない行動の増やし方・やめたい行動の減らし方

自分の続けたいことが「増やしたい行動」なのか「やめたい行動」なのかによって違う対策方法について述べられています。

↑の引用部分にもありますが、勉強やトレーニングが「増やしたい行動」、喫煙などが「やめたい行動」ですね。
 

特にやめたい行動と言うのは、
「苦労せずとも簡単に、すぐに快感を得られる」
という特徴があり、これを減らしていくのは難しいとのこと。

スプラトゥーンとかダラダラ3時間くらいやっちゃったりするので、すごい心当たりあって刺さりました(笑)
 

また行動を続けるにあたって『メジャーメント(計測・測定)』の重要性についても書いてあります。
先のスプラトゥーンを例に挙げれば「何時間やった」とか「やった・やらなかった」というのを記録していくことですね。

客観的な評価をすることが大事だそうです。
 

目標を達成する

「何かを続けたいということ=達成したい目標がある」

ということで、その先の目標達成までに目線を向けた行動科学について書かれています。
 

目標と言っても
「いつかは資格を取る」
「そのうち禁煙する」
とかではなく具体的な期限や数値を入れた目標にする、とか

「ラストゴールとスモールゴールを設定する」
ということなど、目標の設定について述べられていますね。
 

目標を設定するというのは、今まで無意識的にやってきたなぁと思う一方、こうやって言語化されているものを読むことでその効果を意識できるようになりました。
 

まとめ

本書の内容を大雑把に紹介しました。
 

ダメダメだった主人公が『続ける技術』で成長している姿を見ると、「自分にもできそう!」って思えるので漫画って凄い。

実際、やる気や努力といった精神論ではなく「分析・対策」という面で述べられているので実践できそうなんですよね。
 

この本を読むまで『行動について分析する』なんてしたことはありませんでしたが、いざやってみると「行動の分析って大事だったんだ」って気付かされます。

その分析も、付属のワークシートがあるのでしっかり分析できるのもイイ感じ!
 

この『続ける技術』で豊かな生活が手に入る、そんな気がします。
 

こんな方にオススメ

・達成したい目標がある
・三日坊主

この『続ける技術』は様々な場面で応用できそうなので、今後とも活用していきたいです。

これでプログラミングの勉強が続いてます!

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする