【レビュー】高コスパのハイレゾ対応イヤホン『SATOLEX Tubomi DH298-A1』

どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。

今回はハイレゾ再生に対応したイヤホン『SATOLEX Tubomi DH298-A1』のレビューになります。
 
 
先日ハイレゾに対応したウォークマンを買ったのはいいのですが、ハイレゾに対応したイヤホンを持っていませんでした。

↓購入したウォークマン

【レビュー】コスパの良いハイレゾ対応DAP『SONY NW-A35』
どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。 突然ですが最近ウォークマンを買いました。 スマホが普及してからというものの音楽をスマ...

一応、僕が持っているアイマスヘッドホン(SE-MX9)がハイレゾに対応していますが、高級ヘッドホンということもあり外出時には使いたくないんですよね。

そのためハイレゾ対応・外出時に使いやすいイヤホンで、手頃な値段な物を探していました。
そこで見つけたのが、今回レビューをする『SATOLEX Tubomi DH298-A1』です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

SATOLEX Tubomi DH298-A1

  • 型式 :密閉ダイナミック
  • ドライバーユニット:Φ9㎜
  • 音圧感度 :104db/mW
  • 最大入力 :100mW(JEITA)
  • インピーダンス :32Ω
  • 再生周波数帯域 :20Hz~45,000Hz
  • 質量 :10g(コード・プラグを含む)
  • コード長 :約1.2m
  • 接続部 :Φ3.5㎜ 金メッキ ステレオミニプラグ(ストレート型)
  • 付属品 :イヤキャップ(XS/S/M/L)、取扱説明書(保証書)

特徴

  • ハイレゾ対応
  • 日本製(国産)
  • 5000円を下回る低価格
     

外観

外箱は白を基調としたシンプルなデザイン。
しっかりハイレゾ対応・国産の表示がされています。
 

内容物はイヤホン本体とイヤーピース。
イヤーピースはそれぞれ大きさが異なっており、XS・S・M・Lの4種類です。
購入時点ではMサイズがイヤホンに装着されています。

コードはゴム製の外皮となっているため、非常に柔らかく取り回しは悪くありません。
コードに変な癖が付いたりは無さそうですが、柔らかいということもあって断線は心配です。

ストレートプラグになっていますが、コード接続部分が比較的短めなので取り扱いやすいですね。

使用した感想

家電量販店で他のハイレゾ対応イヤホンと聞き比べていたので、その比較を中心に。
視聴した楽曲はmoraで購入したハイレゾ楽曲を何曲か聴いて比較してました。
 

まずこのTubomiは音がクリアな印象を受けました。
やや低音が強いかな?
とは言え主張し過ぎず非常に聴きやすいです。

音に関してそこまで詳しくない僕でも、同価格帯のイヤホンと比べれば頭一つ抜けて良いなと感じられました。
他のイヤホンを聴いた時は部分的に尖っている物が多かったのですが、このTubomiはすごくマイルドで聴いていて疲れないですね。

ただカナル型イヤホンではありますが遮音性はそこまでありません。
電車での音楽鑑賞などではTubomiの良さがあまり活かされないかなぁと。

イヤーピースも合わないという意見をちらほら見ますので、イヤーピース周りは好みのものに変えるのも良さそう。
 
 

EDMと相性が良いよ!
 

まとめ

こんな方にオススメ!
「安価でハイレゾを楽しみたい」
「コスパの良いイヤホンが欲しい」
「安物イヤホンからレベルアップしたい」

とても3000円とは思えない、コストパフォーマンスの良いイヤホンです。
癖も少ないので多くの方に素晴らしいと思って貰えるイヤホンではないでしょうか。

ハイレゾ対応イヤホンという面で見れば、これより安いイヤホンはあまり無いですし特にオススメできます。

Amazonのレビューでは断線しやすいという意見がちらほら見えますが、1年保証は付いていますので多少は安心かと思います。
保証については、実際に利用することになったらまた追記したいと考えています。

 
 

また今回紹介した商品のマイナーチェンジ版として『DH298-A1bu』がちょっと前に発売されたそうです。
こちらは低音を控えめに、中高域を目立たせたチューニングになっているそう。

今使ってるやつが断線したときにはこちらも試してみたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする