【デレステ】『Fire TV Stick』のミラーリングで、小さなスマホ画面から卒業

「そのスマホゲーム、大画面で見たくないですか?」
 

どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。

先日、Amazonで販売されている「Fire TV Stick」を購入しました。
それはもちろん「スマホゲームを大画面で見たい」から。

Fire TV Stickには「ミラーリング」と呼ばれる機能があり、これによってスマホやタブレットの画面をそのままTV画面に写すことができます。

「この画像・動画を大画面にしてみんなで見たい!」
という方にはうってつけのアイテムです。
 

僕はというと、もちろんデレステ・ミリシタ(スマホゲーム)のために購入しました。
タブレット端末を持っているとは言え、やはりさらに大画面で楽しみたくなるものです。

そんなFireTVStickのミラーリング方法や感想について書いていきます。
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Fire TV Stickとは


TVやディスプレイのHDMI端子に接続することで、Amazonで配信されている動画やその他動画配信サービスを手軽に楽しめるガジェット。

配信されている動画をTVで見ることが、Fire TV Stick本来の使い方ということですね。
しかしそういった使い方だけでなく、スマホやタブレットと無線接続することで画面をミラーリングすることができます。

今回はこのミラーリング機能に注目していきます。

デレステでミラーリングを試してみる

早速やっていきましょう。

HDMIで接続

まずはFire TV Stick本体とディスプレイのHDMI端子を接続します。
僕はHDMIセレクターを使用しているので、そちらの空いているポートに接続しました。

そして本体にmicroUSBケーブルで給電してあげればハードウェア面の準備はOKです。
スイッチなどは無く、給電したタイミングで自動的に電源が入ります。

起動後インターネット設定などを行えば、写真のようにFire TVのホーム画面が表示されます。

スマホ・タブレットと接続する

ではここからが本題。
Fire TV Stickとスマホ・タブレットを無線接続していきます。

ここからはAndroid端末とiOS端末で少し操作が変わりますので、分けて説明します。

Android端末の場合

Androidの場合は非常に簡単。
Fire TV Stickのホームボタンを長押しすると、「ミラーリング」というアイコンが表示されます。

これを選択した後、Android端末の方で「ミラーリング」や「ワイヤレス出力」、「Miracast」といった機能をONにしてあげればOKです。

僕の使っているSHARP端末だと、メニューバーの中にこのような項目がありました。
他の端末だと違う箇所にあるかもしれませんので参考程度に。

これでミラーリングが行えます。

iOS端末の場合

iOSではAndroidと同じ手順ではミラーリングできません。
どうやら少し仕組みが違うようですね(詳しくはわかってない)。

ミラーリングをするためには、Fire TV側でアプリを購入する必要があります。
いくつか種類があるみたいですが、今回は「AirReceiver」を使用しました。

PCのAmazonでアプリを購入すれば、Fire TV Stick内にダウンロードされるみたいですね。
ダウンロードが完了すれば、写真のようにアイコンが表示されるようになるのでこれを選択。
設定画面のようなものが表示されますが、特に設定をいじる必要はありません。

AirReceiverアプリを起動したら、次はiOS端末の操作に移ります。

コントロールセンター内の「AirPlayミラーリング」を選択すると、AFTT-10という名前が出てきていますね。
このAFTT-10がAirReceiverですので、これを選べばミラーリングが開始されます。

ミラーリングしたTV画面です。
この状態でiOS端末を操作すれば、TV画面も端末画面と同じ画面が表示されます。

ミラーリングをすることで、このようにデレステもテレビ画面に表示することが出来ました。
これで大画面でデレステMVが見れる…!

大画面とは言っても今回はiPadでミラーリングを行っているため、テレビ画面の端は黒帯になっていますね。
iPhoneなら画面比率がディスプレイと同じ横長(16:9)ですので、この写真のような黒帯はなくなります。
(記事冒頭の法子のスクショがiPhoneのミラーリングした写真になってます)

またミラーリングをすることで、音声出力が端末ではなくTV側のスピーカーとなります。
携帯端末よりいい音で楽しめそうですね。

画質は?ラグは?

画質=解像度は端末準拠となります。
つまりTV画面が大きくなればなるほど粗が目立ってくると思われます。

とは言っても壊滅的に悪いということはありません。
上記の写真は24インチディスプレイでミラーリングを行っている状態ですが、デレステMVを見る分には問題ないレベルでしょう。
 
 
ラグに関しては、インターネット環境に依存されるようです。
とは言え、やはり無線接続ですので音ゲーをしながらというのは厳しそう。

またWimax環境でMVを見ていると、たまにカクッとします。
常時カクカクして見れないということはありませんが、インターネット環境次第で快適度合いも変わってきますので注意が必要です。

他のミラーリング方法と比べて

今回紹介したFire TV Stickを使う方法以外にもミラーリング方法はあります。

よく使われている手段としては、
『スマホにアダプタを取り付けてHDMIケーブルを直接テレビに接続する』
という方法でしょうか。

例をあげると、iPhoneに↓のような機器を接続してHDMIケーブルを接続できるようにする感じです。

こうすることで、スマホ画面をテレビ画面に映せます。
 

この方法とFir TV Stickの方法を比べてみますと、安定度の面でFire TV Stickが劣ってしまいますね。
ネットを介さず有線接続をしているので当然です。

それでもFire TV Stickを選ぶメリットとしては、「端末を問わない」ことでしょう。
iPhoneや数あるAndroid端末、どれでもミラーリングできるというのがFire TV Stickによるミラーリングの強みではないでしょうか。
 
機種変更の心配もないですし、端末を一杯持っている方はこちらの方が汎用性があるかと。
 

また有線接続のアダプタは安物だと映らない、というレビューもそこそこ見られます。
そういった意味ではFire TV Stickは僕が持っている端末全て(Android、iOS共にスマホ・タブレット1台ずつ計4台)でしっかりミラーリングできたのを確認しているので安心でしょう。
 

まとめ

Fire TV Stickのミラーリング機能を紹介してきました。
この機能があれば、タブレットを新調しなくともタブレット以上の画面でゲームを楽しむことができます。

大画面でゲームを楽しみたいけど、新しい端末を買うお金はないという方には特にオススメ。
音ゲーのプレイには向きませんが、デレステのMVやミリシタの事務所内コミュなどには最適かなぁと。

最後に。
ミラーリングの注意点は、テレビ画面にスマホの画面を出力するだけということです。 

携帯端末のスペックが足りなければ、ミラーリングをしてもカクカクのまま。
そもそもスペック不足の方は新しい端末を買いましょう。
 
 

ミラーリングする機器の中ではコスパが良くてオススメ!

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする