東京西川『もっと横楽寝』で、いびきを気にせず快眠を

どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。

先日『もっと横楽寝』という枕を買ったので、これを使った感想を書こうと思います。
 

もともとアレルギー性鼻炎持ちということもあってか、睡眠時にいびきをかく体質なので「少しでも何とかしたい!」と思っていました。

そこで、どうやら横向きに寝るといびきを軽減できるとのこと。
しかし横向きで寝る場合はしっかりした枕でないと首を痛めてしまうということだったため、この『横楽寝』を購入することに。

実際使ってみたところ、横向きで寝た時の首の負担が全く違います!

今回はそんな『もっと横楽寝』を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もっと横楽寝とは

東京西川「医師がすすめる健康枕」シリーズの1つ『もっと横楽寝』。
その名の通り、横寝に最適な枕です。

枕の高さが高めのブルー、やや低めのピンクと2種類販売されています。
 

あの東京西川から発売されており、また「医師がすすめる健康枕」ということで非常に効果のありそうな枕ですよね。

特徴

  • 高さ調節が可能
  • コラーゲン加工
  • 横寝を安定させる形状
  • まるごと洗濯できる
     

早速開封!

外箱

もっと横楽寝
Amazonで買ったのですが、このような箱に入ってきました。
思った以上にでかい。

本体

本体

枕自体はこんな感じ。

枕の左右に見える円形になっている部分が、中央部よりやや高めの作りになっています。
そのため枕の中央部に頭が固定される、という仕組みみたいですね。

裏

裏返すと、真ん中上部と左右にファスナーが付いているのがわかります。
左右のファスナーには写真のようなパッドが入っており、これの抜き差しで高さを調整できます。
また、それぞれのファスナー内に↓の補填材を入れることでも高さを調整できます。

補填

よく枕に入ってる透明のパイプみたいな、アレ。
このパイプは最初からある程度枕に入っているのですが、文字通り「補填」することで高さの調整を可能としています。
  

またこの『横楽寝』ですが、専用の枕カバーも発売しているので併せて購入しました。

本体にフィットした形のカバーで、肌触りもよくなかなか良い枕カバーです。
 

枕の高さについて

ここまで「枕の高さの調節ができる」と何回か書いてますが、これは「最適な枕の高さには個人差がある」ため重要な点です。

枕の最適な高さは、頭の位置を背骨と一直線上になるように出来る高さ。
高すぎても低すぎてもダメです。

この高さが人によって異なるため、高さを調節して「自分にあった枕」にしていくことは重要といえますね。
 

オーダーメイド枕について

自分にあった枕と言うと「オーダーメイド枕」という選択肢もあります。
オーダーメイド枕とは、枕(寝具)専門店で実際に最適な高さを測定してもらい、それに合わせて自分にあった枕を用意してもらえるというもの。

インターネットで購入できる、オーダーメイド枕【まくらる。】

 

僕も最初はオーダーメイド枕にしようかなぁと思っていました。
でもオーダーメイド枕はめっちゃ高いんですよね。

悩んだ末、値段を見て『横楽寝』を購入しました。

オーダーメイド枕のメリット
・枕の素材を選べる(綿、ビーズなど)
・枕の高さを専門の方が見て調整してくれる

もっと横楽寝のメリット
安い

「高さを調整する」という面だけを見れば、もっと横楽寝でも可能。
それなら「ちょっと手間でも自分で高さを調整していこう」という気持ちですね。
 

「素材までこだわりたい!」と言う方や、近くにオーダーメイド枕販売店がある方はそちらも十分選択肢になるとは思います。
 

使用した感想

横向きで寝ても首や肩が痛くなることはなくなりました!
これだけでもほんとに買ってよかった。

大きめの枕で頭が固定される、ということもあって寝返りをうつ回数も減りましたね。
副次効果みたいな感じですが割と嬉しいところ。
 

デメリットを上げるならば、あくまで『横寝』用なので仰向けに寝るときには若干枕が高くなってしまうことでしょうか。

とは言え仰向けで寝れないほど高さが合わないわけでもないので、個人的にはそんなに気になりませんね。
 

まとめ

睡眠は生活していく上で非常に大事な行動。
その質を向上させるためにも、良い寝具を購入していくのは決して損にはならないかなと。

こんな方にオススメ!

・いびきが気になる
・睡眠の質をあげたい

横寝にはこの枕と抱きまくらを併用するのもオススメ!
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする