「メディアパス」で効率よくCDを収納してみた


どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。

私事ですが、先日なんやかんやあって実家に戻りました。
一人住まいから全ての荷物を持って帰って来たものの、実家にはもう収納スペースがほとんど無いんですよね。

とはいえ持ってきた荷物を放置するわけにもいかず。
何とかして荷物を収納するため、断捨離の日々を送っています。

で、断舎離してると気づくんですよね。
収納スペースの大半がCDで埋まっていることに。

データ化の時代とは言え、オタクなので特典目当てやイベント応募券目当てなんかでCDが溜まっていく一方。
それに加えて、CDはコレクション要素もあってなかなか売りづらい、捨てづらいですよね。
 
 
それならば、CDをもっと上手に収納したい!
という事でグーグル先生に聞いたところ、KOKUYOの「MEDIA PASS(メディアパス)」という商品が良いとのこと。

早速購入し、使用してみたのでレビューしてみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

MEDIA PASSとは?

MEDIA PASS[メディアパス]

・音楽CD・映画などのかさばるパッケージソフトをまるごとスリムに収容できるケース
・ブックレットなどの付属品もまとめて収容。元のケースに比べて収納効率が大幅にアップ

元のケースを無くすことで圧縮しよう、ということですね。
ブックレットや裏ジャケット、帯なんかも一緒に収納できるのが個人的には嬉しいところです。
収納するにしても、ファイルみたいな物にディスクだけ入れるというのは寂しいですし。

今回はCD1枚収容タイプの物を購入しましたが、ディスクを2枚収容するタイプ、DVDケースにあったトールタイプなど各種販売されています。

オタク的には、CD+DVD(PVとか)形式で販売されているCDを買う機会も多いため、2枚収容タイプは結構重宝しそうですね。

実際に使ってみる

では実際どれほど圧縮できるのか試してみます。

まず最初に。
メディアパスはこのような商品となっています。
左側にブックレットと帯、右側にディスクと裏ジャケットを入れる形ですね。

というわけで、メディアパスに合わせてCDの付属品まわりを分解。
サンプルとして余っていたミリオンのTA01を使います。

綺麗にジャケット、裏ジャケット、帯、ディスクに分解できますね。
ではこれらをメディアパスに入れていきましょう。

全部入れるとこのように。
裏ジャケットは不織布の下側にいれることになります。

この写真だとミスってますが、裏ジャケットの左端(背タイトル部分)は見えるようにしておくと良さそう。

表から見るとこのようになります。
ジャケットはもちろん、帯や背タイトルも見えるのがメリットですね。
多少ズレてしまうのはご愛嬌。

ちなみに裏面はちゃんと裏ジャケットが見えます。
 
 

ここからが本題。
メディアパスに入れたCDをセリアで買ったCD用BOXに入れたらこんな感じになりました。

このBOXはCDを約23枚収納できるとのこと。
しかし、メディアパスにしたことによって60枚ほど収納できています。
大体1/3くらいでしょうか。いい圧縮率です。

また写真のように上から除いても背タイトルが見えるようになっています。
これ、個人的にかなりの推しポイント。
この手の収納をすると探すのに手間がかかるイメージがあったので、これくらい見やすければかなりうれしいですね。

まとめ

メディアパスを使うことによって、CDの占有スペースをおよそ1/3程度にすることができます。

「今後もCDを買う予定があるけど、そろそろ収納できるスペースがない」
という方には特におすすめですね。

ただケースからメディアパスへの入れ替えには割と手間が掛かってしまいます。
ある程度時間を確保できる方か、アニメ等見ながら入れ替え作業する等の工夫をすると良いかなーと。
 
   
では、僕はまたメディアパスへの入れ替え作業に戻るとします。

それでは〜。
 
 
↓100枚入りがかなりコスパいいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする