プロデューサーミーティング(二日目)の感想

f:id:Huto:20170130223737j:plain

どうも、ふーとです。

さてさて。
1月28、29日に開催されました『THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017
765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-』に参加してきました。
…二日目だけですけど。
それでもめっちゃ楽しかったです!

というわけで、イベントの感想を書いていきます。
いつもみたいにレポートは他の方の素晴らしいイラストとかを見ればいいと思います(

スポンサーリンク
レクタングル(大)

オープニング

投票で選ばれた楽曲が歌われる、というこのコーナー。
歌われたのは「団結2010」でした。

9.18事件の被害を受け、良い印象のなかったこの楽曲。
それを765プロオールスターズが揃ったこの場で初披露をすることになりました。
人それぞれ思うことはあるかと思いますが、僕はやっぱり聞けて良かったです。
公演中にも言われましたが、「全員揃わなければ歌えない」楽曲ですし。
逆に言えば、全員揃ったからこそこのような歌を歌わないわけにはいかないですよね。

まあでも個人的にはColorfulDaysが聞きたかったマンでした。
投票なのでしょうがないですし、大体どんな曲が歌われても納得しちゃいますけどね。

Producer’s Voice

プロデューサーの答えたアンケートの回答について語るコーナー。
バネPが始まる前からめっちゃ疲れてて大変そうでした(

通勤で聞きたい曲、オープニングの曲などなど、曲についてのコメントが聞けたのが個人的にはすごく嬉しかったです。
ただ、今この記事を書いている時点でアンケートの回答がどんな感じだったかあまり思い出せないという……

We Have a Dreamとか、あまり露出のない曲については結構触れてくれていたと思うので、貴重だなぁと思いました。

朗読劇

声優イベントらしいコーナー。
僕もそこまで古参Pではないので、朗読劇を聞くのは初めてでした。

朗読劇と言っても、アドリブ(と言う名の殴り合い)多めでとても楽しかったです。
今はもう全くと言っていいほど行われていない、ガールズのニコ生とかを思い出す感じで凄く懐かしさがありましたね。
「全員揃っていないとできないこと」はやっぱりライブだけじゃないなぁと思います。
こういった殴り合いもガールズが全員いるからこそ面白いですし。

そして、朗読劇後半ではスペシャルゲストとして玲音役のみのりんが!
冷静に考えると合宿所にくるオーバーランクアイドルと言うのも不自然ですがw

ライブ

お待ちかねのライブ。

アルティメットアイズ

玲音の『アルティメットアイズ』から始まりました。
いやーめっちゃカッコよかった。
アーティスト活動の方に目が行きがちですが、みのりんも立派な声優。
玲音の圧倒的な存在感を表現するために何度も動画を見たという話を聞いて、強い心意気を感じました。

ザ・ライブ革命でSHOW!

そしてここからプラチナスターズの新曲が。
この曲は盛り上がるのはもちろん、激しいダンスも見どころでしたね。
やっぱりCD音源ではなく、ライブで聞くほうが圧倒的に楽しいなぁと。

また、CD音源とは歌割りが違っていたのも良かったです。
あずとかったり、いおりんキッスだったりなかなかいい配役でしたね。

待ちプリみたいに各所で歌われそうな気がしますので、今後のアイマスライブでも楽しみです。

Miracle Night

クラブミュージック調の楽曲。
シンデレラでは同作曲家の曲が沢山歌われていて忘れがちですが、本家では初なんですよね。
(楽曲としては99Nightがミリオンカバーで歌われてますが)

これも凄くライブ向けで、クラップとかがとても楽しかったです。
何より、歌詞の親和性。
「夢じゃない このMiracleNight」とか。
多分意識してないとは思いますが、繪里子さんがMCで「奇跡」って単語を使っていたのが印象に残ってます。

僕たちのResistance

いやーこれはほんと良かった。
何と言っても、久しぶりにアッキーの激しくカッコイイダンスが見られてそれだけでちょっと泣いてたり。
仁後ちゃんもブランクが有るとは思えないほど動いていましたし、本当に戻ってきたんだぁって感じですね。
今回歌われた中では既存のアイマス楽曲に近い楽曲ということもあって、感極まるものがありました。

アマテラス

新曲の中では一番好きな楽曲ということもあり、生で聴けるのを凄く楽しみにしていました。
その結果…
ライブの時の記憶がありません!

掛け合いとか楽しかったことは覚えていますよ。

Happy!

最初聞いたときから盛り上がるだろうなぁと思っていたこの曲ですが、やっぱり盛り上がりますね。
曲名通り、ガールズの皆さんがとても幸せそうな様子が伝わってきましたし、僕自身も凄く幸せな時間だったなぁと思います。

プラチナスターズというゲームの出来はアレでしたが、楽曲はほんと素晴らしいですね(

THE IDOLM@STER

やっぱりこの曲。
ゲストのみのりんも参加しての披露でした。

ほんとこの曲はいつ聞いても色褪せないですね。
CD音源聞いてると物凄く物足りない感あるなぁと思うほど、この曲はライブで聞いてこそですよ。

総評

上の感想見てもらえばなんとなくわかるかと思いますが、もう詳細を全然覚えていません。
というのも、要所要所で感極まるものがあってステージ上をしっかり見れていなかったような気がします。

今回このイベントではガールズが全員揃ったということで、7th以降見られなかったその場面をもう一度見ることができただけでも十分なのに、それがトークだったりライブだったりと様々な面が見られてとっても嬉しかったです。

変わらないなと思う一方で、今回のように全員が揃うことが当たり前ではないこと、特別であることを再確認しました。
ましてや、歌だけのライブはガールズにとって相当ハードルが高いし、これからもそのハードルはどんどん高くなっていくでしょう。
それでも、ミンゴスが「みんなで歌だけのライブがしたい!」と叫んでいてやっぱりこの人はすげぇなぁと。
そこまでいかなくても、30周年でもイベントをやりたいといった意思を見せたキングだったりと、キャストに愛されている間は、この先心配しなくてもきっと実現していくんだろうなぁと感じました。

これといった新情報はなかったものの、今後に期待できるような凄く素晴らしいイベントだったと思います。
これからも、30年後も、ずっとアイマスを好きで居続けたいですね。
 
 
 
なかなか自分の中で気持ちが整理できていないので、伝えきれてないことや支離滅裂な文になってる箇所もあるかと思いますが、まあそれだけ今回のプロデューサーミーティングというイベントには沢山の思い出や期待が詰まっていたということで。

それでは〜

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする