本当に買い?『Switch』Proコントローラーとジョイコンを比較してみた

どうも、ふーと(@Aizawa_hutoP)です。

発売から1ヶ月ちょっと経ちましたが、皆さん「Nintendo Switch」は手に入れましたか?
僕は発売当初からゼルダと共に買って、今尚楽しんでおります。

一ヶ月経ってもまだまだ遊べるって凄いですね。

さてさて。
そんなSwitchですが、つい先日Proコントローラーを購入しました。
(田舎のスーパーで売ってました)

ちなみに、個人的には本体に付属されているジョイコンでも結構操作しやすいなーと思っています。
なので、「本当にProコン買う必要あるの?」と思う方は少なからずいるかなと。

そこで、今回はそんな自分がProコンとジョイコン、それぞれを比較してみようと思います。
若干話題遅れ感あるけど気にしないぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Proコントローラーについて

Wii(U)でも同じProコントローラーという名称で売られていたため、多くの方は大体わかるかと思いますがw
いわゆる普通のゲームコントローラーになります。

コントローラーですが、お値段は6980円(税別)
Proコン買う代わりにソフト一本買えてしまう時代になってしまいました。
まあとにかく高い!ってことで、買うのをためらう方も多そうです。

Proコンとジョイコンを比較!

外観の比較

まずは見た目から見ていきましょう。

写真を見てもらえばわかるかと思いますが、おおよそのボタン配置は一緒です。
機能的には代わりありませんね。

ただ、よく見ると細かいところで違いがあります。
わかりやすいところでは左下。

Proコンでは十字キーと言われる従来と同じ物ですが、ジョイコンでは十字ボタン(?)になっています。
ジョイコンでは十字キーが4方向それぞれ独立しているわけですね。

やはり、十字キーのように一体型になっていた方が押し間違い等がなくなるため、快適に使えますね。
 
 
あとは、アナログスティックまわり。
Proコンの方がボタンとの距離が近いです。

これ、実際にProコンを使ってみて「快適!」と思う要素の中でもかなり大きいことだと思います。

重さの比較

まずはジョイコン。196g。

一方、Proコンは247gでした。

差だけ見ると、「Proコンは50gも重い!」
というデメリットに見えるかもしれません。

しかし、これくらいが丁度いい重さではあるんですよね。
個人的にジョイコンはちょっと軽すぎる感じがしたので、Proコンの方が安定感がありました。
まあここは個人差があるかもしれません。

その他

その他の点では、Proコンは充電しながらゲームできるという強みがあると思います。

付属のジョイコンでは充電のために本体にコントローラーを付け替える必要があるんですよね。
これがちょっと手間だったので、Proコンにしてからは捗ってます。

ジョイコンで充電しながらプレイしようと思ったら、別売りの充電グリップが必要なんですよね。

ジョイコンの操作感がいい!って方以外はこれよりProコン買ったほうがいいと思うんですがどうなんでしょうか。
 
 
また見た目でわからない操作感としては、R・Lボタンの感触ですかね。
Proコンの方がボタンを深く押す形になっているので、「ボタンを押した」って感覚が強いです。

スプラトゥーン等、Rボタンを多用するゲームでは結構重要な要素じゃないかなぁと。
スプラトゥーン試射会の時にジョイコンでプレイしててRボタンに違和感があったので、個人的にはProコンの方がいいなぁと思いました。

まとめ

まとめると、Proコンは
「もっと快適にプレイしたい」
という人におすすめ出来るものと言えそうです。

最低限でいいならジョイコンで十分な気はするんですよね。
Proコンだから有利、とかそういうのは無いと個人的には思います。
 
 
まあ現状プレミア付いてるのでなかなか買えないかもしれませんけど。
もし見かけた時に買うかどうか迷ってしまわないように、今のうちに意思を固めておくのもいいかと!

それでは〜

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする