【ポケモンSM】シーズン2解散PT(最高レート1793)

どうも、ふーとです。
今回はたまーにやるポケモンの話。

シーズン2が始まってから毎日ちょこちょこレートに潜っていたのですが、ちょっと行き詰まりを感じたのでPTを変える予定です。
そのため、今まで使っていたPTをここに残しておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

最高レート1793到達PT

1700は超えたのですが1800あたりで行き詰まりましたね。
PTはこんな感じです。

f:id:Huto:20170218122507j:plain

  • リザードン
  • カバルドン
  • ミミッキュ
  • ナットレイ
  • マニューラ
  • ポリゴン2

となっています。
では個別に見ていきましょう。

リザードン

f:id:Huto:20170218122557j:plain
努力値:44-0-92-164-4-204

メガ進化枠でエース。ORAS個体そのまま。
努力値調整はどこかで拾ってきたやつです(
B方面では剣舞メガハッサムのバレパンをステロ込で耐え。
S方面は最速80属抜きとなります。

シーズン1で足りなかった炎ポケ成分を存分に活かしたかったため採用しました。
ガルドやカグヤと上手く対面できると強いですね。
低速ポケに大してはほぼほぼ強いのですが、環境に高速アタッカーが多いのがちょっと辛かったかもです。

めざパは地面。主にドランを見るつもりで採用してます。
ドランが思ったより使われてないのですが、被選出率は100%だったのでいいカモでした。
遭遇はしてないですが、ガラガラとかにも有効打になり得るので気合玉よりもいいかなぁと。

カバルドン

f:id:Huto:20170218122726j:plain
努力値:252-4-212-0-4-36

リザの相棒。こちらもORAS個体。
努力値調整は忘れました(

Z技が結構逆風ですね。
比較的受けやすかったガブに大してドラゴンZで押されたりしますし、単タイプの欠点が見えてきた気がします。
また、ORASではバシャを見ていたのですが現状のバシャは特殊型が多くてあまり受からないのも辛かったです。
一方で、マンダ・ガルーラと言ったORASから使われているメガエース相手には変わらず強かったので、そういう方面では安心して投げていけましたね。
あとミミッキュにはやや有利なのも悪くないですね。

ミミッキュ

f:id:Huto:20170218122815j:plain
努力値:4-252-0-0-0-252

使ってみたかった枠。
某動画を見て、相手のエースに大してトリルで展開を止めていく動きが強そうだったので、トリル型。
メジャーではない型ではありますが、やはりつよいですね。
化けの皮・襷を活かして、投げてトリル→道連れという流れがいい感じでした。

ちなみに元々は霊Z持たせて、かげうち→シャドクロ、鬼火→のろいという構成でした。
のろいが有効に働くことがあまりなかったので、それなら鬼火にするかぁという感じでしたが、実際どっちもあまり使ってません(
ここは仮想敵を考えて適切に決めるのが良さそうですね。

ナットレイ

f:id:Huto:20170218123015j:plain
努力値:252-252-4-0-0-0

似非ヤットレイ。呑気。
ORASで新たに育成しました。

意表をつけると同時に、環境に多いカプ系に有利を取れるのが非常に強かったです。
特にコケコに対しては後出しからでも突破できますし、ボルチェンで逃げられても後続への負担が大きく非常にいい動きをしていました。

先発に出して相手を1体落とし、ミミッキュでトリル貼ってもう1体落としに行く動きがいい感じでした。
またナットに対して格闘技を打つ相手も多いので、ミミッキュが非常に後出ししやすいのもいいですね。

マニューラ

f:id:Huto:20170218173347j:plain
努力値:12-252-4-0-4-236

こちらもORASからそのまま。
単純にリザYとの相性がいいです。

役割としてはORASと変わらず、主に4倍竜や高速低耐久を狩っていきます。
特に新技もなく、ほんとに旧世代と変わらない使い方でしたね。
ただ、新たに登場したメジャーポケであるコケコ・テテフに非常に弱いのがかなり大きな欠点となってしまいました。
コケコはある程度削れていればなんとかなるのですが、テテフはほんとにダメですね。
ここは考えどころです。

ポリゴン2

f:id:Huto:20170218173433j:plain
努力値:252-0-0-252-4-0

アタッカー寄りポリ2。
トリルと相性がよく、汎用的に使えそうだったので採用。

まあ無難に使えたのでコメントすることもないです(
採用目的が薄いこともあって、役割対象とかも考えてなかったので選出で困ることが多かった感はあります。

PTの欠点

では、ここからPTを手放すことになった理由、つまり欠点を書いていきます。

特殊炎に弱い

特殊バシャが増えてきたあたりで気づいたのですが、炎に弱いんですよね。
物理ならカバで誤魔化せるのですが、特殊だと受けきれないことも多かったです。

具体的にはバシャ、火ロトム、ウィンディ、リザードンY(ミラー)ですね。
ちょっとここは考え直す必要がありそうでした。

受けループに勝てない

シーズン1で見なかったので完全に忘れてました(
ムドーラッキーを突破出来ないんですよね。
良い線行ってるのがナットですが、ムドーに手も足も出ないので結局ダメでした。
勝てそうな試合もあったのですが、肝心なところでオバヒを外したり…

今ならZ技で押し切ることも出来なくは無さそうなので、次のPTではちゃんとZクリスタル持ちを入れようと思います(

パルシェン・テテフに弱い

一応ナットレイという解答はあるので先の2つの欠点に比べればマシですが、それでも重いことは確かですね。
メジャーなのでここはもう少し厚くしておきたいところでした。
 
 

次のPTについて

6世代産が使える間はマニューラを使いたいので、もうすこしリザYPTを使う予定です。
リザマニュは固定で、残り4匹はちょっと考え直そうかなと言う感じですね。

なんとか今シーズン1800には乗りたいです。
それでは〜

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする