※9/2加筆修正 ULA予選リーグ(第2回)での走り方

どうも、ふーとです。
今日はミリオンライブ(ゲーム)の話ですよ。
現在開催中のイベントも今日で終わり、またULA予選が始まりますね。
前回の予選二回目では上位入賞し、無事SR貴音を入手していました。
ULA予選入賞_貴音
なので、今回は上位入賞した時の走り方について、備忘録も兼ねて書こうと思います。
 
 

※9/2追記
多くのアクセスありがとうございます。
ULA第二回のことについて記載していたのですが、今でもULA予選の時期になるとアクセスが多くなり、嬉しいとともに古い内容で申し訳無さがありました。
なので、現時点でのULAについて加筆しようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

BP効率

基本的には普通の飴イベントと一緒ですが、「劇場の絆」等のパワーアップがないため、最初からBPを使えば使っただけポイントが入ります。
第二回から参加者ボーナスも無くなったため、走り方を工夫するだけで大きく稼げる、といったこともないですね。

なので、ポイント効率としては「SPゲージを無駄にしない」と言うことを意識できればいいと思います。
一応、改めて書いておきますと、SPゲージが溜まっていない状態(直前のライブバトルでSPスキルを発動した状態)を0とした時に、10BP目を消費したライブバトルでSPスキルを発動できます。
究極的には、イベント営業でのライブバトルで7BP分消費し、最上級GODを3BP+SPスキルで殴るのが一番BP効率がいいですが、今度はドリンクの消費量が大変なことに……

時速

第二回は先に述べたように、参加者ボーナスがなくなると言うことで、ボーダーが読めませんでした。
飴の数も多くなく、ギリギリ入賞を狙いたいなぁと思っていたので、時速は重要でしたね。

ここで、第二回のボーダーを見てみましょう。
500位ボーダー

  • 28日00:00……47,055pt
  • 28日12:00……106,375pt
  • 29日00:00……297,200pt
  • 29日12:00……517,941pt
  • 30日00:00……2,020,252pt

明らかに終わりの方だけおかしな加速をしていることがわかりますね。
自分の場合、初日から常に500位以内に入るようにしていたので、最後はボーダーと並走してなんとか入賞という形でした。
そういうわけでして、時速は大事でした。
まあ、最初にドバっと稼ぐタイプの人ならあまり気にしなくていい話ですね。
 
 
 
※9/2追記
現状はどのようなボーダーになっているのでしょうか。
参考として、第6回予選のボーダーを見てみましょう。

500位ボーダー

  • 1日目24:00……217,669pt
  • 2日目12:00……412,398pt
  • 2日目24:00……771,388pt
  • 3日目12:00……1,144,149pt
  • 3日目24:00……4,102,645pt

第二回予選と比べてみますと、ポイントの絶対数は上がっているものの、上がり方(傾き)の傾向は変わりません。
最終日に爆発的に増えているのがわかります。
最終日までに予め多く稼いでおくと精神的に良いと思います。

対策

BP効率については上記のとおりです。
当時の自分は、アルティメットサイリウム一つ(GOD)につき
3BP+3BP+3BP+SPスキル→要請→イベント営業でSPゲージ1貯める
というのを繰り返していました。
参加者ボーナスがない以上、ワンパン放流するよりもできるだけ自分で殴ったほうがサイリウム効率も良くなりますね。
ただ、自発したライブバトルを自分のアピールで倒してしまうと効率が悪くなってしまいますので、そこは気をつけましょう。

時速に関しては、最終日の時点で数十本アルティメットサイリウムを持っておくことを意識しました。
なので、最終日以外は自発することなく、流れてきたものを適当に殴っていましたね。
また、アルティメットサイリウム獲得のために通常のサイリウムを自発する際も、ptを考えてGODで1BP→放流してました。
この作業はメダル獲得のこともあるので初日のうちにある程度やっておくと良いかもしれないですね。

あと、走っていない時は常にPRチームを設定してPRさせていました。
1時間のPR活動でもそこそこアルティメットサイリウムが手に入ったので、PRさせるときは1時間にしてましたね。

※9/2追記
第6回予選から、イベント中ではなくイベント前にPRチームを設定してアイテムを稼ぐ仕様になりました。
その仕様になってから6時間でしか回していないので、1時間でアルティメットサイリウムが出るかどうかはわからないです。
ちなみに、6時間でもアルティメットサイリウムは出たり出なかったりです。

デッキについて(※9/2追記分)

第二回の時はライバルチームがAPダウンしか使ってこない時代でした。
しかし今は違って、ライバルはありとあらゆるスキルを使ってきます。
そのため、デッキ、特に「潜在スキル」がかなり重要になってきました。

現状(第8回予選)まででライバルが使ってくるスキルと、その対処方法を1つずつ見ていこうと思います。

APダウン(第1、2回)

こちらのAPを下げることで、発揮値、つまり与えるダメージそのものを減らすスキルを使ってきます。
対処としては「全リセット」のスキルを一番最初に発動することですね。

また、当時あまり潜在スキルが行き渡っていなかったということもあり、「全リセット」がない方も多くいました(第2回予選時点での自分もその一人です)。
そういう場合は、「とにかくAPを上げる」ということで通常スキルの「APアップ(極大)」系列のカードを多く使用するということでも対処できました。

APアップ(第3~5回)

これはライバル自身のAPを上げ、こちらのメンバーを倒すことによって発揮値を減らしてくる、というものです。
なので、こちらのDPを上げることで倒されないようにする必要があります。
通常スキルでは「AP/DPアップ(極大)」ですね。属性指定(VoのAP/DPアップとか)だと尚良いです。

潜在スキルで対処する場合は「ライバルリセット」です。
ライバルのAPアップの効果を消して、生き残るようにするというものですね。

AP継続ダウン(第6回)

APダウンの強化版です。
こちらがスキルを発動するたびに、こちらのAPを減らすという恐ろしい効果ですね。
その効果から、全リセットを使用してもAPを減らされてしまいます。

これを完全に対処するには「AP継続ダウン解除」の潜在スキルが必要となります。
その名の通りですが、AP継続ダウンのスキルを無効化するというピンポイントな効果ですね。
この潜在スキルが無かったら結構辛そうです。

アピールガードLv.3

これは、アピール3回分だけ受けるAPを大幅に減らすというものです。

これを対処するには「アピール」系の潜在スキルで、通常のアピールの前に3回相手にダメージを与えておく必要があります。

  • 「4連続アピール」を1回発動(潜在持ち1人)
  • 「2連続アピール」 + 「アピール」 or 「2連続アピール」(潜在持ち2人)
  • 「アピール」 + 「アピール」 + 「アピール」(潜在持ち3人)

以上の3パターンで対処できます。
今までのライバルスキルに比べ、比較的レアリティの低い潜在でも一応対処できるようになっているのは救いですね。

APDP反転

こちらはULA以外のイベントでライバルが使ってくるスキルですが、一応。
その名の通り、APとDPの値を入れ替えてきます。
こちらがスキルを全て発動し終えた後に使用してくるため、厄介ですね。

こちらの対処としては、スキルというよりもデッキですかね。
両面と呼ばれる、APとDPの値が同じくらいのカードを組み込みましょう。
また、こちらのDPを上げる = 反転後に発揮値が上がるので、スキルとしては「AP/DPアップ」がいいですね。

その他

留意事項として、ゲスト(同僚)のスキルについて説明しておきます。
上記のライバルスキル対策として挙げたスキル(全リセット、AP継続ダウン、4連続アピールなど)はゲストが発動しても効果はありません。
これは、スキルの発動順が「ゲスト→ライバル→自分」となっているためです。
自分で手に入れないとダメということですね。

なので、選択したいゲストとしては「AP/DP極大アップ」系「アピール(極大)」の潜在スキルを持つ19コスト片面ですかね。
自分のデッキに合わせて適したゲストも変わってくると思うので、色々なパターンを試してみるといいと思います。

また、スキルではないのですが、第6回以降はライバルのAPが上がりこちらのメンバーが倒されやすくなりました。
そのため、APだけではなくDPも上げるのが必須となってきています。

他のライバルスキルも踏まえると、「AP/DPアップ(極大)」の通常スキルを持っているカードはほぼ必須と言ってもいい状況です。
せめて1枚は手に入れておきましょう。
バザーにもあまり流れていない(と思う)ので、無課金だとちょっと大変だと思いますが…
 
 
 
参考までに第8回予選での自分のデッキを載せておきます。
f:id:Huto:20160902204043p:plain
発動するスキルは「VoのAP/DPアップ(極大)」+「VoのAPアップ(極大)」+「VoのAPアップ(大)」。
潜在スキルは「2連続アピール」+「2連続アピール」+「アピール(極大)Lv.20」。
またゲストスキルは「VoのAP/DPアップ(極大)」+ 潜在スキル「VoDPアップ(大)」となっています。

相手のスキルはアピールガードLv.3なので、潜在としては問題無いですね。
発揮値を少しでも上げるなら、どちらかの2連続アピールを別の潜在にしても良さそうですが継承CDを節約してます。

また、ゲストスキルも合わせてDPを上げてライバルの攻撃を耐えるようにしています。
f:id:Huto:20160902205553p:plain
自分の場合は全員生き残ってますが、スキルの組み合わせ等によってはステータスの低い極大アップ持ちは倒されても高い発揮値出せるかもです?
検証してないのでわからないですけどね。

また、3BPでの発揮値はこのようになります。
f:id:Huto:20160902205748p:plain
まあまあ良さそうです。
この場合なら3BP+3BP、または3BP+3BP+SPスキルで放流する形になりますかね。

第三回予選のボーダー予想

単純に考えれば、前回のボーダーの2割増しですかね。(応援チーム設定で多分40%くらい上がります)
250~300万くらいですかねぇ。
自信はないですし、責任は持ちません!

※9/2追記
第6回予選から応援チーム設定が上限の100%に達しました。
そのため、今後ボーダーが大きく変わることはないだろうと予測できます。

そこで、第6回と第7回の500位ボーダーを見てみますと、

  • 第6回 500位……4,102,645pt
  • 第7回 500位……4,300,744pt

となっています。
なので、450万くらい稼いでおけばまあ大丈夫かなぁというところでしょうかね。
 
 
   
 
と、以上が自分の走り方でした。
書いてて思ったのですが、それほど工夫することはないでしょう。 BPは正義。
 
 
 
 
 
終わりだよ~

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする