筆者おすすめスマホ用VRゴーグル「Virtoba X5」

昨今、「PSVR」を始めとして世の中は「VR」が流行していますよね。
もう体験しましたか?
「高くて手が出せない!」と思われがちですが、スマホ向けのVRゴーグルなら安いところで1000円からVRの体験ができます!

そんなわけで、自分も先日、スマホ用のVRゴーグルを購入しました。
これが、なかなかおすすめできるものだったので、レビューをします。

購入した商品は「Virtoba X5」と言うものです。
これは、「BOBOVR Z4」というタイプのものと同系統みたいです。
(詳しいことはわからないのでにわか知識かもしれませんが)

他のスマホVRゴーグルは使用したことがないので、その辺りの比較は出来ませんが、PSVRは今までに体験しているので、そちらとの比較もしながら書いていこうと思います。

↓体験したPSVRの記事

話題の「PlayStation VR」で『サマーレッスン』を体験してみた感想
こんばんは、ふーとです。 今日はイベントがあったので名古屋に行ったのですが、その際に今話題の「PSVR」の体験ができたので、その感想を書こう...
PSVRで「THE PLAYROOM VR」を体感した感想
こんばんは。 先日、PSVRの特別体験会に参加してきましたので。そちらについての記事を書こうかなと思います。 以前は家電量販店の店頭の体験...

 
 
 
※追記

VR用のスマホも考察してみました。よろしければこちらの記事もどうぞ。

スマホVRに最適なオススメ機種(端末)を考える
※2017/6/2更新 どうも、ふーとです。 1月26日にPSVRが再販されたということですが、今回はそれにちなんでVRについてです。...

スポンサーリンク
レクタングル(大)

特徴

数多くあるVRゴーグルですが、この商品はいわゆるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)というものになります。
頭に装着できるということですね。
安価なVRゴーグルは、双眼鏡のように手で持つ必要があるものも多いので、そういう点ではメリットですね。

また、本商品はヘッドホンを内蔵しています。
別途イヤホンを用意しなくて良いので気軽にVRを楽しめますね。

そして、何と言ってもこの商品の最大の魅力は「視野角120度」と言う点です。
調べたところだと、他のVRゴーグルの視野角が100度を越えるか越えないかといったところなので、かなり広いですね。
没入感を得るための条件として視野角の広さと言うのは重要な点だと思いますので、これはこの商品の大きな利点だと思います。

外観

では、まずは外観から見ていきましょう。

全体

f:id:Huto:20160905205752j:plain
白をベースとしていて、きれいな印象です。

ヘッドホン

f:id:Huto:20160905205802j:plain
前後に伸縮できるようになっているため、自分にフィットするように調節できます。

内側

f:id:Huto:20160905205810j:plain
顔面に当たる部分には、このようにフェイクレザーのクッションが付いています。
(ウレタンになってるものもあるらしいです)

下部

f:id:Huto:20160905212044j:plain
本体下部には音量調節ダイヤルと、画面をタッチできるボタンが付いています。
どちらも、VR視聴中にちょっと操作したいときに便利ですね。

上部

f:id:Huto:20160905205827j:plain
本体上部にもダイヤルがあります。
こちらは、スマホの大きさに合わせてレンズの位置を変えるものとなります。
ちなみに、対応スマホサイズは4~6インチあたりらしいです。

スマホ格納部

f:id:Huto:20160905205837j:plain
ここの蓋を開けて、スマホを中に入れます。
ヘッドホンのケーブルもここに格納されています。
f:id:Huto:20160905205844j:plain
また、外側にはピント調整用のダイアルもついています。

使用した感想

使用したスマホは404SHです。
スペックはそこそこ、画面サイズは5.7インチと大きめのものです。

装着感

ゴムベルトで長さを調整できるため、いい感じに頭にはまります。
すこしきつめにしておけば、頭を動かしてもずれると言うことはないですね。

ただ、眼鏡を掛けながら装着するのは難しいですね。
できないことは無いですが、破損の恐れがないとは言えないので、眼鏡は外して使用しましょう。
視力0.1以下の自分でもちゃんと見えましたので、そこは安心してください。

ヘッドホンは一般的なものと比べ、耳を圧迫しません。
そのため、外の音が普通に聞こえてくるのは没入感的にはマイナスでした。
ただ、音質はそこまで悪くはなく、自然と音声が聞こえてくるので、静かな場所で使う分にはほとんど問題ないと思います。

VR映像

まず視野角ですが、視界のほぼ全部がVR映像となるため没入感はかなりのものでした。
PSVRと比べてしまえばまだまだですが、お手軽VRでここまで見えれば上出来だなぁと思います。

このVRゴーグルの欠点としては、やはりスマホの性能等に依存してしまうことでしょう。
画面サイズの大きなスマホであれば視野角も広くなりますが、画面サイズが小さいものだとそうでもなくなります。

また、スマホにホコリが付着しているとかなり気になります。
ちゃんとホコリを拭いてから使用しましょう。

加えて、スマホに貼ったフィルムなども気になる要因のひとつですね。
自分のスマホはさらさら加工がされているものだったため、ちょっと模様?が気になりました。
ガラスフィルムとかなら問題なさそうですね。

コンテンツについて

ちなみに、今回VRを体験したのは「オルタナティブガールズ」です。

↓オルタナティブガールズの紹介記事

スマホVRが体験できるゲーム『オルタナティブガールズ』
唐突ですが、今回はスマホゲームの紹介をしようかなと思います。 その名も オルタナティブガールズ インターネットを構っている方なら、割と広告...

 
こちらの記事でも紹介しましたが、オルタナティブガールズは一部がVR対応のゲームとなります。
3Dモデルではありますが、女の子がすぐ目の前にいる!という感覚がよく伝わってきます。
実際に、筆者の友人にもこちらでVR初体験をしたところ、とっても興奮していましたね。

ちなみに、この中でも特におすすめしたいのは「有村詩音ちゃんのストーリー」です。
プレイヤーに接近するというシチュエーションがあるのですが、それが凄いんですね。
VRのパワーを実感できますので、是非試してみてほしいですね。

まとめ

安価でVR体験が可能というのが何よりも魅力です。
3,000円程度なので、PSVRとは比べ物にならないくらい安いですね。
それでいて、充分以上のクオリティの物に触れられます。

気になる点もちょっとはありますが、あくまでPSVRと比べたら、という感じで、基本的には不満はないほどの仕上がりなので満足です。

いきなりPSVRはハードルが高い、という方もまずはスマホVRゴーグルで体験してみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする